生活の知恵

今日は一人暮らしをするにあたって結構重要だったなと思うポイントと重要視してたけどどうにでもなるなと思ったポイントを書いていきたいと思います。

もう半年に一回の更新について言い訳はしません。メンドクサイノデ。爆

無事一人暮らしを始めて7か月が経ちました!早いような早すぎるような。慣れない家事にはいまだに奮闘中ですけど結構快適だし突然襲う孤独は最初の2か月くらいで過ぎ去ったような。そもそも孤独と老後の不安は一人暮らしをする前からひしひしと感じていたのでね。(辛い暗い悲しいわ)

さて本題に移りたいと思います。まずは一人暮らしをするにあたって重要視していた点について。これは完全に自分のこだわりだったので誰の役にも立たないかもしれませんが・・・・。

私のこだわりポイント

その1.ガスコンロは2口以上
特に毎日自炊するわけでもないが絶対2口以上。希望は3口コンロ。でも自分の払えそうな家賃で3口は皆無。まぁ2口あればだいたい事は済むし3口を活用できるほど自炊する気はないので2口で十分という自分をよく理解した上で希望は2口以上。これは実際に住んでみた今も変わりません。ちょっとした煮物とメインを作る時に便利なのでこのこだわりは正解だと思っています。ただ私は夢見がちだったのでガスをつけるときにプッシュ式がよかったのですが、昔ながらの回すタイプだったのが結構嫌でしたがそこの為だけに辞めるのはあほくさいと思い諦めました。弱火にする時に誤って消してしまうのにイラっとするだけでそんなに不便じゃないですね。

その2.洗濯機は脱衣所に
これ結構家探している時に多かったんですけどおしゃれなのに安い!と思ったら廊下や玄関に洗濯機置き場がある。私は絶対に脱衣所に欲しかったのでどれだけ理想だと思う家でも却下。今の家は脱衣所がそんなに広くないのが功を奏して風呂場の扉のすぐ横に洗濯機があるから結構便利。洗濯機にタオル掛けとかティッシュとか設置してるので扉開けたらすぐ手の届く位置にあるのでほんと実家より快適。

その3.バストイレ別
まぁこれはほとんどの人がそうだと思うので割愛。たまにデザイナーズ系でホテル風にしてる家もありますけど、ヤダ普通に、以上。

その4.キッチンのシンク広め
だいたい6万円台までのシンクって狭い。フライパン1個入るのか?入らないのか?みたいな。洗わせる気ないやろみたいな。料理しないくせにシンク狭いのだけは絶対に許せない。

その5.まな板スペース確保
その4.と似ていますがもうこれが本当に今の家を借りるときに最後の最後まで悩んだポイントでした。シンクが結構広々していて小さな家のわりにいいじゃん!と思った矢先・・・ん?まな板はどこに置くの?ガスコンロとシンクの隙間ないじゃん。どう考えても何も置けない。

設計ミス?え、なにこれは。っと軽くパニック。営業さんにも何度も質問。
私「まな板どこに置くんですか?洗った食器どこに置くんですか?え、まな板・・・」
営業マン「よくあることです、皆さん工夫されてますから」
私「・・・」
営業マン「・・・」

どう考えたってギャグ。女性向けっぽい家なのになによこれ。これはないでしょさすがに。と、かなり悩みましたがなんてったって低予算希望だから仕方ない。ここは営業マンの言う通り工夫するしかない。という事でシンクの長さを計りまな板を使うときだけ使える用に伸縮出来て折りたためる水切り板を購入。

左に寄せすぎずある程度距離を取って実家にあった大きめで厚みのあるまな板を置いたところかなり快適に使用できたのであんなに悩む必要なかったなというくらい悩み解決。

一人暮らし用のペラペラで小さいまな板って使いにくいけどこれならかなり快適に使えます。写真でもわかると思いますが高さが左右違うので左にはキッチンタオルを敷いて高さを均一にしてます。滑り防止にもなるので◎(写真で見るとシンクの水垢?凄いな。毎日地味に掃除しているけど水垢どうするんだ・・・)
そして何のスペースもないキッチンなので洗った食器を置く場所ももちろんありません。なので空間を利用するしかない!という事で設置したのはこちら。

スポンサーリンク

カーマホームセンターで購入したキッチン用のつっぱり棚。長さを計って購入したものの少しだけ左側の突っ張る部分がシンクにはみ出してましたが問題なく使えてます(そこ撮れよ)最初はこのまま使ってましたが錆が怖くて最近は布巾を敷いてその上に食器を乗せてます。でも一段目はなぜが布巾乗せずそのまま使用。これ、かなり快適です。切った食材や盛り付けるお皿なんかもここに置けるので狭い!置くところない!という悩みは今のところなし(食器を片付けてなくて置けない時は多々ある)
この家を借りるにあたって一番悩んだのがこのキッチン周りだったので本当に快適に使えてよかった!

その6.ソファーを置ける広さ確保
もうこれはずっと憧れだったので絶対に一人暮らししたらソファーを置くと決めていたのに。置けない。どう考えたって置けない。むしろこのスペースで置けるソファすら売っていない。営業マン曰く他の部屋をご契約された方はソファーを持ってくると言っていたらしいのでやろうと思えばやれるのでしょうけどどう考えたって私の思考では無理。でもこれ以上家賃は上げられない。めちゃくちゃ悩んだ結果、そもそもソファーを買う余裕がまだないので一旦諦めることに。これに関してはいまだに何とか置けないか考えているが周りにも無理だろと言われるので一旦保留。

その7.駅近
これはもう実家が徒歩1分以内だったので完全にわがままだと思いますがとにかく歩きたくないので譲れない。営業マン曰く徒歩4分。一緒に歩いたけどまぁ近いけど地味に歩く(世間的には近い)サイトを見ても4分と書いてある。低家賃・新築で駅4分はなかなかないので妥当だと言い聞かせ納得。が、実際には7分くらい歩く!!何故かというと地下鉄の最寄出入り口からは4分だけとホームまで離れていて3回くらい階段を下りるので実際には7分くらいかかるのだ。これ盲点。ずるいな。契約する前にホームから計ればよかった。まぁでも徒歩10分以内はきっと世間一般では許容範囲内なんだろうなと納得させ毎日軽い運動だと思って過ごしてます(が、めんどくさい)

その8.最上階の角部屋且つオートロック
これはもう絶対。絶対角部屋。最上階が空いてなかったとしても角部屋がいい。本当は一番広い部屋の最上階角部屋がよかったがやっぱり埋まってしまっていて狭めの部屋に。1個下の階の希望の角部屋なら空いていると言われたが騒音等考えたらそこは少し狭くても最上階がいいということで今の部屋に。(さっきからご立派に最上階って連呼してるけど3階建ての3階な)実際住んでみて騒音を心配していましたが今のところそこまで苦痛はないです。たまに聞こえますが全然平気。むしろこちら大丈夫ですか?って感じですね。オートロックはまぁ一応女性なので。はは

その9.郵便BOX
これはまぁ贅沢だとは思いますが友人宅にあって本当に便利だなと思ったので私も欲しかったのですが、さすがにこの低予算ではなかったですね。たまーにありますけど私のこだりポイントたちを捨ててまでではなく諦めました。おかげでネットショッピングの回数が激減しましたがあると本当に便利ですね!次こそついてて欲しいな。

その10.お風呂場の蛇口
今更ここにきてお風呂場に戻りますが結構家探ししてた時に一番最初にみるところです。(のわりに、書くの忘れて慌てて書いている感)何と説明したらいいのか語彙力ないので伝わらないかもしれませんが、一昔前ってお湯と水の蛇口が別々で自分で両方ひねって調整するのが普通だったと思うんですけど私はそれが絶対に嫌でカチッと回すと設定温度のお湯もしくは水が出る最新の蛇口?がよかったんです。もうこれは絶対。7万以上は基本そうなっていますが6万代や6万以下、新築じゃないとお湯と水別々の蛇口が多いです。これは完全に自分の無駄なこだわりですがちょっとおしゃれに見えるし毎回調整するのはめんどくさいのでこれだけは他が相当パーフェクトでない限り譲りたくなかったですね。快適です。

以上が私のくだらないこだわりポイントです。これ、7万以上の家賃だとほぼクリアします。楽勝に。でも意外と低家賃で探すと見つからなかったんです。ほぼほぼクリアした今の家に住んでみてこんなこだわりよりもっとこだわるところあったなと気づいたことがあったのでまた別記事でまとめます。一人暮らし始めてみなきゃ本当に本当にこだわるべきポイントってわからないなと実感。なんでみんなお金かかるのにまた引っ越すんだろう?と思っていましたが今はわかる。今回の失敗を踏まえてより快適に過ごしたい。生活レベルを上げたい。等々欲がでるんだろうな。

私もいつか引っ越すぞ!

スポンサーリンク