白髭神社

湖に浮かぶ鳥居“白髭神社”

さて、ドゥリムトン村の滞在時間が約1時間半(も、ない。)という総移動時間よりも短い結果に終わったのでどうするものか、と車内会議。京都まで来たから、京都市内にでも繰り出すか。いや、でも都心や人混みじゃなくてもっと心が洗われるような美しい景色がみたい。(京都も十分美しいです)そこまで遠すぎずみれる絶景・・・

滋賀県にあるやないかーい!!

高島市ならドゥリムトン村から2時間もかからないし、日没時間も16時半頃だから丁度いい!よし行こう!!ということで急遽高島市にある「白髭神社」へ。ここの白髭神社は、全国に祭られている白髭神社の総本宮で“近江の厳島”とも呼ばれているとか。パワースポットとしても人気だそうです。私は、SNSの絶景的な記事で知りました。ネットで検索するともの凄い絶景!湖の上に浮かんでるってだけで幻想的。出雲大社も本当は凄く行きたい。ちょっと遠くて中々いけないけど、二年以内にいきたいな!

そんなこんなで16時頃に無事到着!駐車場の入り口がわかりにくく、トロトロしてたらトラックにクラクション鳴らされてしまいました・・・。結構交通量も多く、普段仕事で利用している方たちからしたらこういうどんくさい観光客にとてもイラつくのでしょうね。きっとたくさんいると思います、私みたいに駐車場入りそびれた人。(その日は恐らく私だけ)気を取り直して、参拝をしていざ湖に浮かぶ鳥居へ!!※本当に交通量が多いので中々渡れません!お子様連れの方、気を付けてくださいね

ででーん!!

白髭神社 白髭神社

んー・・・。確かに美しいけれど、なんか映えない。この日は雲が多く太陽の光があまり入らなかったのでそこまできれいではないのかも?時折、雲がなくなったり・・・。ここまで来たら日没までの30分、待とうじゃないか。かなり寒いけど。と、いうことで車には戻らずひたすら写真を撮ったり、ただただこの大きな鳥居を眺めたりして時間をつぶしました。数分経つごとに違う見え方がみえるのも魅力的。

スポンサーリンク
白髭神社
白髭神社
白髭神社

白髭神社

 

初のタイムラプスをしたりと時間を潰す。日没時間になっても意外と明るい。日没ってその時間になったら太陽が沈んで暗くなるのかと思ってたけど、違うんだぁ。と不思議な気持ちで寒さと戦っていると友達が一人異様に動揺している。

私「どうしたの?寒い?」
友達「落ち着いてね。怒らないでね。」
私「・・・なに?」(声低め・声冷ため)
友達「日没時間、東京で見てた」

なんですって?!

京都でも名古屋でもなく、東京ですって?!・・・彼女はウルトラから始まり大阪の旅でも色々とやらかしてくれる噂の友達なので、もはやそこまで衝撃はない。しかし、じゃあここの日没はいったい何時なのさ。

友達「17時・・・。」

なんということだ。あと30分もこの極寒に耐えろというのか(車に戻るという発想は基本ない)いやここまできたら絶対日没みますよね、どんだけ凍えても!

白髭神社

モスクワ状態笑。このフードが死ぬほど暖かいから周りの目なんて気にせず暖を取ります!日没に連れて人もどんどん増えてきて、私たちの体も寒さを感じなくなってきました笑。鳥居もライトアップされてとっても幻想的。あぁやっぱりきれい!!

白髭神社

もっと雲がなかったら更にきれいだったかな?でも運よく日没頃には結構雲も少なくなってきれいに見れた方だと思います。きれいな景色もみれてなんだかとっても充実した一日でした。

帰り道間違えて琵琶湖を1周し、トータル10時間越えのドライブになりましたが。

スポンサーリンク