鯛茶漬け屋さん

美味しい鯛茶漬け屋さんを発見。大阪の帰りに急にお腹が空いてきたのでちょっと名駅で寄り道。お寿司食べたい!と思ったけど、ここは贅沢せず堅実に。でも出来ればイタリアンとかじゃなくてホッとするような和食が食べたい。なんて思ってふらふら歩いていたらちょっと変わったお店を発見!

taichazuke

名古屋唯一無二の和食店「野嵯和」が手掛ける和のファストフード。独自な和食の世界を築き上げてきた唯一無二の店「野嵯和」による初のプロデュース。先ず濃厚なごまだれをくぐらせた鯛を炊き立てのご飯と食し、続いて鯛を盛ったご飯のまわりから熱々の緑茶をたっぷり回しかければ出し汁へと変化を遂げた胡麻の香るお茶漬けが出来上がります。シンプルかつ贅沢な究極のファストフード「鯛茶福乃」で至福のひと時を味わえます。

引用:大名古屋ビルヂング

公式サイトもあるみたいですが、全然更新されてないので大名古屋ビルヂングから引用させてもらいました。

スポンサーリンク

そんなすごい方がプロデュースしてたなんて知らなかったなぁ。
でもほんと、洗練されたお洒落な店内でした。
凄くスペース自体狭いしカウンターとテーブルが三席くらいあるだけなんですけど
ガラス張りでシンプルなデザインが“お茶漬け”とアンマッチでお洒落でした。

私たちが行った時間は16時前とかだったのでお客さんは一人もいなかったですけど、
帰るころには人が増えてたのでご飯時は混んでそうな感じでした。

さてメニューですが、ここのお店はメニューがございません。
というのも鯛茶漬けのメニューしか置いてないからです。もの凄いこだわり!!
店員さんに食べ方の説明を受けて待つこと数分・・・

来たー!!

taichazuke2
美味しそぉぉぉ!!(この写真うまく伝わらない)

まずは、鯛をそのままわさび醤油で。

次にごまだれと一緒に。

そして最後に残った鯛をご飯に乗せて西尾産の抹茶とごまだれを入れてお茶漬けに。

やー、抹茶て。

抹茶とごはんてあうの?
って感じでしたが意外とあう!
ごまだれを入れるとクリーミーになるので何とも不思議で斬新なお茶漬けでした。

もう一回行ってちゃんとクリーミー抹茶の様子を撮ってこなきゃ!笑

名駅の目の前なので行きやすいのもいい(*”ω”*)

スポンサーリンク